2015年06月11日

ドラマ「アルジャーノンに花束を」第9話感想

jukai.jpg
超天才の存在の意味

毎回録画してブログを書くときは再度見たりしているのですが
今回は見返すのも感想を書くのもちょっと気合いがいりました。
主人公が夢をかなえていく前半とは対象的です。

いよいよセミファイナルとなりました。
ラストが早く知りたいような、ラストを迎えてほしくないような
もっと長い時間で…半年くらいかけて見たかったドラマです。


主人公とアルジャーノンとの交流ももっと見たかったです。
あまり人になれない動物を出演させた撮影は大変だったようですが。
主人公にとっては親友であり、先輩であり、分身であったわけで。

超天才の一人と一匹が存在した意味をまわりの人達は
世の人々はどうとらえるのでしょうか?


以降、感想にネタバレも含みますのでご注意ください。

続きはここから

スポンサードリンク
posted by 田舎暮らし@みわ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

ドラマ「戦う!書店ガール」第8話感想

paperbag.jpg
閉店間近の崖っぷち

裏に錦織選手の全仏準々決勝という巡り合わせ。
視聴率的にもさらに厳しい状況でしたね。

ドラマのストーリーもいよいよ追い詰められた状況に。
閉店を見事回避できるかどうかが気になるところです。
身内の敵にも「ざまあみろ」という展開希望。


現実でも大型書店が吸収されたり系列店を閉めたりと
さびしいご時勢なので明るい結末を見せてほしいんですね。
恋の〇角関係とかは波乱なく落ち着きそうですし。


以降は感想にネタバレを含みますので、ご注意ください。

続きはここから
posted by 田舎暮らし@みわ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

ドラマ「アルジャーノンに花束を」第8話感想

watch.jpg
幸せの残された時間

急速に上昇した知能に情緒の発達が追いつかず
周囲の人間を攻撃し、自分自身も傷ついていた主人公。

愛する人を得て愛されることを知り
家族や友人への関わり方も変わってきました。


けれどもその幸せも長くは続かないんですね。
自分のことで精一杯なのに、さらに自分に助けてくれと
手を伸ばす存在もいて状況は劇変します。

事態がめまぐるしく移りつつ、どのシーンも印象的な回でした。


以降ネタバレも含みますのでご注意ください。

続きはここから
posted by 田舎暮らし@みわ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

ドラマ「戦う!書店ガール」第7話感想

shiori.jpg
ここに来て大盛り上がり!

第7話は
「宣戦布告!!ふたりの前に立ちはだかる『最低条件』」

ドラマタイトルに「戦う!」という言葉がついているものの
バトルめいたものが感じられない回もありましたが
いよいよ共通の敵を迎えて一致団結戦うモードになってきました。


ラスボスは巨大で強力、そこに至るまでの中ボス、小ボスも次々出現。
仲間と喧嘩したり仲直りしたりしながら友情を深め、各ステージをクリア。
最後は倒すのは不可能と思われた相手から大勝利。

2、3話くらいから閉店の危機を知って職場の皆でアイデアを出し合い
難題を乗り越えていく展開でもよかったのかもと思ったりします。
「書店ガール」ですから恋愛話もいいけど仕事メインでお願いしたい。


今回は売上20%増という無茶苦茶な目標を
どのように達成するかが見ものですね。


以降は感想にネタバレを含みますので、ご注意ください。

続きはここから
posted by 田舎暮らし@みわ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

ドラマ「アルジャーノンに花束を」第7話感想

yellowflowers.jpg
まごごろの行方

「ここにいる誰もが人間として大切な何かを欠落しているのでは?」

主人公が研究室のメンバーに問いかけていましたね。
そしてその答えも明かしていました。「まごころを」と。

原作をアメリカで映画化した時の邦題「まごころを君に」を思い出しました。


しかし主人公は知能が急激に上がってから周りの人間を傷つけてばかりですね。
それが変わる予感が終盤に来てホッとしました。
彼のまごころとは何だろう?これから誰にそれを捧げるのだろう?と考えます。

世界で一番好きな人だけでなく、それを必要としている人
いままで絆を育んできた人たち、昔の絆を取り戻そうとする人たちにも
これから向けていくのでしょうか。

原作を読んではいますが、ドラマはオリジナルな要素も多いので
予想外の展開を楽しみにしています。


以降はあらすじ・ネタバレを含む感想になりますので
ご注意ください。


続きはここから
posted by 田舎暮らし@みわ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
@media screen and (max-width:640px) { .table-style01 th, .table-style01 td{ display:block;}
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。